2006年 12月 19日
Lexus vs JAF
先日、会社の取引先の社長が来社の際、駐車場でインドアロックしてしまいました。車はレクサスGS430です。
しかも、トランクルームにキーの入ったカバンを置いて閉めてしまったそうです。
スマートエントリーでキーが車の周囲にあれば鍵が開くはずですが、どうやっても開きませんでした。(車内にキーがあることを判断しているようです)
そこで、JAFを呼ぶことに。ここから3時間にも及ぶ戦いが・・・。

d0080101_8474883.jpgレクサスGS430
グラチェロもそうですが、鍵穴は助手席側には無いんですね。

スペアーキーを取りに行ければと思ったのですが、静岡からのお客様だったので無理でした。


JAF2人と近くのレクサス店から1人の計3人での作業でした。
まずは運転席の鍵を、鍵穴をのぞきながらあけるまでに40分。
鍵を開けるとすべての窓が開き、セキュリティが反応してクラクションが鳴りました。
キーを開ける方向で回したままにすると窓が開くそうです。反対に閉まる方向に回したままにすると閉まるそうです。(窓が開くことが結構重要かも)
すぐにボンネットを開けてホーンの配線を外しますが、ホーン以外にエンジンルームの奥にセキュリティ専用のホーンがありました。
外から見えて外せるホーンとは別にあるんですね。さすがです。
鍵が開けばトランクは開くと思ったら、セキュリティが反応するとトランクオープナーのスイッチが無効になるようです。
また、ドアを閉めると勝手にロックされてしまいます。窓が開いていなかったら1からやり直しになるところです。

再度、トランクを開けるために格闘が始まりました。
鍵穴の角度が作業しにくいようで、トランクを開けるだけで1時間半ほどかかりました。

車ごと持って行かれなければ、トランクは金庫より安全かもしれません。

グラチェロの場合、ここまで開けにくい鍵ではないので大丈夫と思いますが気をつけないといけませんね。

今回の騒ぎでレクサスの強固さには驚きましたが、
一緒にみえていたその会長さんのひとこと
「こんなことなら、こんな車売ってまって新しいの買ったほうがいいぞ」
には、もっと驚いてしまいました。(@_@;)
[PR]

by goodluckee | 2006-12-19 23:10 | つれづれ | Comments(0)


<< ガラス vs 頭      フロアマットの向き >>