2008年 09月 25日
クライスラー電気自動車を開発
「クライスラーは、量産を目指した先進電気自動車の開発は十分に進んでおり、今後数年間で電気駆動技術を前輪駆動車や後輪駆動車、ボディオンフレームの4WDプラットフォームにも拡大していく予定であることを明らかにしました。」
モーターメディア

とのことです。

中でも、ジープEVが気になります。

d0080101_128348.jpgジープEVは、ラングラーの性能によって、「どこへでも行ける、何でもできる」クルマの未来。

ラングラーの比類なきオフロード性能と究極の「自然に優しい走り」を融合。


d0080101_1282923.jpg最高出力200 kW(268 hp)、最大トルクは、400 N・m(295 lb-ft)。

グラチェロの4.7Lが、170kW (231ps)410 N・m(41.8kg・m)なのでなかなかです。
しかも、ガソリン約30 Lを使用して640 km走るそうです。


将来は、ホイール内部へモーターを装着した4WDの可能性も模索し、電気駆動モーターの瞬時のハイトルクと各ホイールを独立して正確に制御する能力によって、オフロードでの走行性能を犠牲にすることなく、ジープブランドに最適のオフロード性能を実現するそうです。

写真

意外と近い将来はこうなるんでしょうか。
[PR]

by goodluckee | 2008-09-25 12:22 | 思うところ | Comments(5)
Commented by shin at 2008-09-25 17:06 x
これいいですねぇ。
ジープタイプの電気自動車が本格導入されると、
かなり売れるんじゃないでしょうか。
4WDが最大の難関となりそうですね。

こういう報道がたくさん出てくると、
逆に原油価格も下がってきますから、
ガソリン代等も更に下落してくるかもしれないですね。

何はともあれ、クライスラーも頑張っているというのが嬉しいです。(笑)
Commented by Y田 at 2008-09-25 18:04 x
管理人さん、こんにちは!

おぉ!クライスラーもかなり本気みたいですね!(笑)
今後の展開が楽しみですが、これを出す前に、やたら燃費が良い
WHのディーゼル仕様を出して欲しいですね!

>ガソリン約30 Lを使用して640 km走るそうです。

EVなのに、なんで??と思ったら、駆動はあくまでモーターで、
レンジエクステンダー(航続距離延長装置)としてエンジンが必要
なんですね?

小さくて燃費が良いのは当たり前なので、でっかくてオフに強くて
燃費の良いJEEPが出てくると良いですね!
Commented by goodluckee at 2008-09-25 20:17
shinさん、こんばんは。

オフロード性能と究極の「自然に優しい走り」を融合っていうのがいいですね。
4輪インホイールモーターにして細かく制御して、卓越した4WDの実現を目指すらしいです。

投資家が原油に見切りを付けてくれればいいですよね。

ほんと、クライスラーも頑張っているのが分かって良かったです。
Commented by goodluckee at 2008-09-25 20:23
Y田さん、こんばんは。

かなり本気モードみたいです。
でも、完成までにはまだ時間がかかりそうです。
それまではディーゼルに頑張ってもらいたいです。

>レンジエクステンダー
発電用のエンジンって、実際に効率は走行用と比べてどうなんでしょう?
プリウスも実際20km/Lぐらいなので差がないような。

やっぱりでかくてパワーがある車が良いです。
それでいて低燃費!
そんなJeepは楽しいでしょうね。
Commented at 2008-09-29 08:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< アンリミよく見かけます      最大のライバル!? の敗北 >>